<   2005年 06月 ( 17 )   > この月の画像一覧

初めてのチクワ

c0056437_1156075.jpg初めてチクワの洗礼を受けた2匹(笑)
←踏ん張っているのは、ぢつはチクワに糸をくくってあるから。
わははは(^・^)そう、チクワで猫釣りなのだ。

頑張れももちゃん!!!

「さわんないでっ!アタシのおいしいモノ!!」

c0056437_1246954.jpg

我が家に来てからヴゥ~ヴゥ~うなりながらご飯を食べる事もなくなって、
落ち着いてきたのに寝た子を起こす(笑)悪いヤツ(←私)である。
人間の食べ物を食べさせてはイケナイ。大原則ではあるが、
たまにこっそり、我を忘れる姿を見たくなるのは悪い癖なのだ。

c0056437_13582.jpg
点ちゃんも負けてはいない、すっかり野生な顔つき。
頭一つは、まるまる小さな体でも、闘志は満々(爆)
チクワをくわえたまま安全圏(ベッドの下)まで走り去り
手で叩いて転がして遊ぶ遊ぶ\(◎o◎)/
30分位してもまだ、ベッドの下からは、チクワを転がして遊ぶ
カタカタ言う音が・・・・・(爆)
かさかさに乾いて美味しくなくなるだろうに・・・・と思うのは
こちらの(人間)感性か。手伝ってやろうと、手を出すと久しぶりに“パチッ”
叩かれました。小っちゃくても狩の練習なんだね。

c0056437_1233216.jpg←食べ終わったら満足。
後は立派なナスビ猛獣に
成る日を夢見てひたすら寝るだけなのである。
我が家に来て、やっと1ヶ月★
生後2ヶ月の記念なのだ(^.^)

既に親ばか満開の私と母であった。
あぁかわいい~もも点♪♪←ゴロが良くない^^;
イカ天とか海老天みたい・・・

[PR]

by elfarran_in | 2005-06-30 11:56 | 猫たち・いきものたち | Comments(0)

収穫時期

c0056437_1244484.jpg

こちらにはコメントやらTB機能やらは、付けていない。
見~る~だけ~、なのである(笑)
すいませんでしたwataさん^^;ここは、ほとんどボヤキみたいな
場所なんで(笑)コメントしてやってもいいぜ!(^_-)-☆という
奇特な方は、“旅のこもごも”のてきと~な記事にカキコ
してやってください(笑)


ブラックベリーがそろそろ収穫期を迎えようとしている。
大概はリキュールになる(簡単だから^^;)
ジャムを作れる位に一気に実ればいいのに・・・
今年は、何に使おうか思案中なのだ。

c0056437_1343383.jpg

木苺との対比を見よ。とてもデカイのだ。

[PR]

by Elfarran_in | 2005-06-28 01:39 | さまざまな緑のこと

ナルニア国物語

どうも生活のリズムが変調をきたしている様だ。
ついついその辺で野伏ごっこ(床ナドにコロがる^^;)で、
仮眠をとっては、中途半端な時間に起き出してくる・・・
まるで業界のヒトみたいだ(爆)・・・イカンなぁ~サラリーマンなのにっ(>_<)

c0056437_341524.jpg


で、給料が出たので本日買いに行ってきた。私にとっては、エレボールか
灰色山脈くらいに北の果ての(北の果てならアングマール?)
某ブ○ク○までの遠征だ。途中、地下牢に監禁されたりしないか
(されたいかも・・・・闇の森・・ハァト)心配だったが、活気づくエスガロスの
町の人々にまぎれて、お宝を奪取する事に成功した。
あぁ~いかん・・・LOTRぢゃなくて、ナルニアネタにしなくては!!(自爆)
c0056437_351715.jpg

“アスラン”と“白い魔女”の二種類の携帯ストラップをご用意・・のハズが、
魔女の呪いで職人が石になっちまったらしく、仰々しくも引換券が・・・・
残念ながら、魔女バージョンは入荷待ちになっていたのだ。
で、ブツはというと、今結構よく見る、クリスタルの中にレーザーで
絵を描いてあり電池で光る、というタイプ。ちゃんと電池も付いてくる(笑)
内部に小さくライオンの姿えお彫ってあるのが見える。でも小さい^^;
“白い魔女”バージョンが届いたら、二つを比べてどちらか片方を
開封して光らせてみようと思う。ミニフィギュアみたいなのを想像
していたので、かなりガッカッリかも。
LOTRの時は、指輪のカタチで光ってたのにな~(-_-;)チェッ。

そして、前売り売場は、SWエピソード3のグッズ売り場と
成り果てていて、もの凄いヒトヒトヒトの群れであった・・・・
一応それでも、来年の6月公開なんて、炎天下の炭酸飲料よりも
気の抜けた、先の長いハナシのネタに、わざわざ一箇所壁際に
ナルニアのコーナーを作っていてくれて、原作本の展示と案内まで
していたのは、流石ディズニーの企業力!と言うべきなのか?!
それともブ○ク○の有志の働きなのだろうか?

一生に1度だけ出逢る、本物のファンタジー・・・・ていう、
あおり文句は、止めて頂きたいなぁ・・・・・・
まっ、兎に角今年の年末の、観賞旅行はキマリですね♪ワクワク♪
来年の6月まで待てないっ(笑)
おっと、その前に!「チョコレート工場の秘密」の公開が有ったか!
今日洋書コーナーでフイルムBookを見たけれど、J・ディップの
ワンカさん!!意外や意外に良いかも~♪キャスト達もかなり本の
イメージ通りだ。ずらりと椅子に座ったリス達が笑える(^.^))))
ますます公開が楽しみになったのである♪うひひ♪

[PR]

by elfarran_in | 2005-06-26 04:24 | 現世のこもごも

庭ではナイのに庭木

c0056437_12482864.jpg昨夜の文章がいきなり終わっている。
マンゴーの種を挿したから一体何なんだ・・・?!
イミをなしていないので改ざんをしょうかな、
と思い書き始めたが、どうにもこうにも
猛烈な睡魔が・・・で、また意味も無くダラダラ
状況説明文が続きそうなので、やめた。
おととい徹夜で、昨日もあのような時間・・・・今からの
午後の仕事は、もう確実に使い物にならねぇ^_^;

この写真の↑植木鉢は一昨年の夏に、種をプッと
ベランダに射出した際に、勝手に3株が定着した“枇杷”
何気に植木鉢に安住したオイシイモノタチ。こんな事も有ったりするので
迂闊に生えてきている双葉を抜けなくて、身に覚えの無い植物が生い茂ったり・・・
そんなことが、結構あったりするので、たとい種が枇杷の5倍位デカイ
マンゴーでも、ググッと芽を出して、成長して、私に美味しい
黄金の果実をたわわに供してくれるに違いない!と信じて水を撒く。

c0056437_335774.jpgc0056437_343394.jpg
Myベランダは、
夏場になると
ヒミツの花園
ならぬ果樹園。
こちらは“幸水”♪
梨なのである。
2週間でこの成長・・・・
遅いっ(>_<)

昨年は、直径5センチ位(下の写真)が最大サイズであった・・・・トホホ。
意外に難しいのだ。
自分は、花よりダンゴTypeなので、丹精の結果の美しさを愛でるのは人様の
植木鉢で賄わさせて頂いている。我が町は、名だたる高齢者の町なのだ^^;
道端の観賞用の花々には、事欠かない近隣である。
私自身は、もっぱら実を重視。あるいは、ハーヴとか・・・・
ベランダの収穫物でナニぞ作る♪そんな脱サラ第二の人生、みたいに
使えるもの、無農薬栽培モノを丹精するのが、My Life♪ある種のロマンなのだ。

c0056437_322374.jpg
ホントにひと口サイズ・・・・・せめて今年は
三口位になって欲しい。
でも味は、ちゃんと完熟幸水の味だった←好きな果物Best3
に入る♪幸水♪・・・あぁ楽しみな夏の味♪

[PR]

by elfarran_in | 2005-06-25 13:02 | さまざまな緑のこと

南国の果物♪

c0056437_25227.jpg

昨年、パッションフルーツの木を手に入れた。
オマケの様に実が2個ほど付いていたのを買ったので、
自力で結実できるかが、心配だったのだが杞憂に終わったようだ。
今年も早々とガッツり実を実らせてくれた。
パッションは、情熱の方かと思いきや、受難の方のイミなんですね。
映画のおかげで、勉強になる事が多いです。
c0056437_2102074.jpg種族は、“時計草科”自然の妙なる花が咲く。
確かにこの種類は、時計草という
名前意外は、思いつかない(笑)
実の方は、今ピンポン玉二つ分
よりも少し大きい位。








c0056437_2143661.jpg
花は、つぼみが次々に付いて
来ているので、幾つが実になるか楽しみ♪
ミドリの実に白い斑点が増えてきて、赤紫色に
なったら収穫時期なのだ。






今日のランチ、デザートにパッションフルーツのシャーベットが出た。
甘くて酸っぱくて、ホントに南の島の味。
先日、アップルマンゴーを食べてその種をベランダの植木鉢に
挿しておいた。

[PR]

by elfarran_in | 2005-06-25 02:22 | さまざまな緑のこと

ワイン

なんだかウダウダ書いていたら、玄関で新聞の入る音がした。
もうすぐ夜が明けてしまう・・・また徹夜してしまった^^;あぁ中途半端。
最近書くことに疲れてきてしまい、書いてる本人が「面白くねぇ!!」
などと、思いながら書いたブログになんの価値があるのじゃ・・・・と
やくたいもナイ、堂々巡りを独り遊びのようにしてしまった。
こんな時は、書くのを止めるか、無理やり書くか・・・・(ーー;)
で、後者の選択となった訳だ。最近本当にオモロなくてごめん。
精進するから付き合って(^_^.)
c0056437_44418.jpg

先日、母の友人がニュージーランドに行ってきて、お土産にワインを
頂いた。←母が、だ。(笑)
お相伴に預かる代わりにおつまみを作った・・・と言っても
キノコととピーマンは、ニンニクとハーブとオリーブオイルでソテー。
アスパラはバターでソテー、あとは合鴨のスモークとチーズを
切っただけだけどね(苦笑)チーズは山羊(マンチャゴ)とブリーの2種。
ミモレットまでは手が回りませんでした~^^;
WAIHEKE Islandワイヘキ島のワイナリーMUDBRICK
オークランドから船でツアーが出ているらしい。ツアーに参加すると
1万円と少し参加費がかかったそうだが、個人でフェリーとかで
行くと2千円もかからないらしい。←オバチャン談(笑)
団体ツアーのオプションで参加だから、単独行動の度胸はナイが
その値段の落差は何なんだ!と憤っていたらしい。
しかも10ドルで試飲つきのワイナリー見学は、参加者の誰もが
ガブガブ試飲(←オバチャン談)したくせに誰一人ワインを買おうとしない。
母の友人2人は、申し訳ない・・・と1本づつ購入したらしい。
そのうちの赤が1本我が家にやってきたのであった。
ニュージランドのワインといえば、白のシャルドネや意外に美味かった
リースリングを思い浮かべるが、赤のカルベネ・ソーヴィニョンも
今大変に良質のものが産出されるらしい。
残念ながら、私には試す時間とワイナリーに当たる事は出来なかったが。
ワイヘキ島の赤ワインは、現地でしか流通していないものも
多いそうで、かなりワクワク♪だったのだ。
結論は、イマヒトツ深みという点では、美味くはなかった。
が、2003年モノだから軽くて、辛口で、食事中のワインとしては
申し分ない出来栄えで有ったと思う。
おおむね複雑なフランス物と違いニューワールド系は、爽やか
さっぱり飲みやすいものが多いのだ。奥行きは足らねども
十二分に観賞価値がある。そんな1本であった。
甘露♪甘露♪

[PR]

by elfarran_in | 2005-06-24 04:31 | 食のこもごも

木苺の収穫

今年もベランダで収穫の季節♪ でも黄色い木苺しか出来なかった。
赤い実は淘汰されてしまった様だ、カゲもカタチも見えない・・・・くっすん。
c0056437_3452575.jpg直径1センチにも満たないサイズで
毎日10粒に足りない位づつの出来上がり・・・
ナニにするにも、数が足りない~^_^;
でも、まぁ強引にジャムにしてみた。
c0056437_348598.jpg

c0056437_3503969.jpg冷凍して貯めた実にそのまま砂糖をかけて
ホーロー鍋で加熱する。
実が柔らかいから一気に煮崩れてしまう。
あまりジャム向きではナイのだ(笑)
熱っついアッサムのミルクティーと。



c0056437_3505850.jpg

ヨーグルトに添えて。生の木苺もあしらって・・・。
今夜の晩御飯だ!そうさ、ダイエットしてるんだよ(^_-)-☆一応ね(笑)
ヨーグルトは、共進牧場のジャーマンヨーグルトが一番好みです。

[PR]

by elfarran_in | 2005-06-24 03:57 | さまざまな緑のこと

育児日誌(笑)

c0056437_253313.jpg←点ちゃん・・・やっと1キロに到達。

c0056437_2534995.jpg














ももちゃんは、1.5倍位大きく見えるが、体重は100グラム程しか違わない。↑
先日、点ちゃんが、原因不明の“グッタリ”になってしまった。
クチビルなんか白くなってしまいご飯も食べずにゲンナリ・・・・・
スグに獣医さんに連れて行き、小さな体がボッコリ膨れる程の
大きな注射を2本も打って帰ってきた。
凄いもので、翌日の夜からはご飯も食べれるようになった。
もともと一番チビで、団体の中では食べはぐれていたようなのが
カラダを壊して2日間も食べれなかったから回復してからが
もの凄い・・・・・今は毎食後は、泉州の水茄子に小さな顔を
くっつけたような有様。ももちゃんがスレンダーな体型を保っている
のに反して、点ちゃんはおそらくブタネコになるのは確実路線かも・・・

c0056437_342340.jpg
c0056437_344160.jpg







野良猫の保護団体から貰われてきた子達。
ウチのもも点姉妹と、弟の一家に引きとられた2匹。
この子達は、チョコくんとパンちゃん ↑(^_^.)
弟一家には後、成猫が2匹、シンくんとキラくんなのだ。(ガンダム・・・^^;)
お互い一家に4匹づつで、騒がしくも慌しい、シアワセ・・・・・

[PR]

by elfarran_in | 2005-06-24 03:22 | 猫たち・いきものたち

山椒の実

山椒のシーズンがもうスグ終わる。
五月の頭から6月位まで。私の身近で入手出来るのは
和歌山と京都が産地モノだ。
買って帰っても早くに処理しないと、ドンドンと痛んで来る。
もの凄く時間との戦い(>_<)

先週から、時間が空けば、小枝の処理ばっかしてる気がする。
c0056437_218754.jpgc0056437_2182633.jpg







地道な作業風景(^^ゞ (苦笑)




別に、実のまま一気に炊いても支障はない。私は口の中でヘタが舌に
触る異物感がイヤなので、セッセと地道な作業に精を出すだけなのだ。
ツブツブした小さな実から、全てヘタを取り除く。
こんまい(小さい)モノ苦手が、発覚したGさんが見たら発狂しそうな風景であろう(笑)
イラチなはずの大阪人の自分にも、こんな忍耐力があったのかと
おどろき、もものき、さんしょのき、である。Byナンシィ船長

【山椒の佃煮】
◎ヘタの処理はお好みで。ただし、枝位ははらっておかねば
  はなはだ食感が悪く、味覚まで損ねる事は請け合いだ。
◎たっぷりの水を鍋で沸かす。煮立った所に山椒の実を入れる。
  一瞬温度が下がるので、一息待って、再度煮立ったら火から下ろす。
c0056437_2262939.jpgざる等に上げて「流水」でさらす。
流水でさらす事とさらす時間が重要。
山椒のピリピリした味が、さらす時間を長くすれば
抑える事になる。ピリリと辛いのが好きな向きには
軽く数十分でOK。尚三時間近くさらし続けた実は、
ダラ~っとした辛さになってしまいましたので要注意。






◎さらし終わったら、実は水気をふき取り、鍋には酒を実がヒタヒタに
  なる位入れて先に火を入れておく。酒が沸いたら、実を入れて
  煮立てながら、砂糖を入れる。分量は好み。←いつも目分量だから
  計った事がナイ^^;・・・ぐるっとかき混ぜて醤油(濃い口)を掛け回す。
◎水気が無くなるまで、慎重にかき混ぜる。砂糖が入るので、焦げ付きやすく
  焦げると臭いが、山椒の実に移るので鍋から目を離さないこと。
◎テリが欲しい人は、この最後の段階で味醂を加えても可。

酒・砂糖・醤油の順に味付けをするか、もしくは好みの味に
あらかじめ混ぜておくと便利。
塩は入れない。

じゃこを混ぜたりとか、昆布と混ぜたりとか、応用も出来ますよ(笑)

[PR]

by elfarran_in | 2005-06-24 02:49 | 食のこもごも

うすばカゲロウ

c0056437_211372.jpg


今朝・・・いや昨日の朝、机の上に発見。
カゲロウ=儚い←一晩で死んでしまう・・・という言葉が
駆け巡る。あぁ心なしかグッタリしている様にすら見えてくる^^;

そっと、ベランダに移動させた。赤い目が美しい。
体が華奢すぎて、アゴが退化して成虫になると食べ物を
取り難くなるのだそうだ。
幼虫の時は、アクマなアゴなのにね(苦笑)

数年前から、ベランダで“うどんげの花”を発見したり
カゲロウの成虫は、毎年1回、顔をあわせたりしているので
継続して、同じ一族で私のベランダに生息し続けているようだ。
そんな風に思うと、今年お初のおめもじが、更に一層感慨深い。

そんなこんなに想いを巡らせていたら、うっかり
出勤時間のレッドゾーンに・・・・。焦って携帯で写したが
上手く見えるかな。接写できるデジカメ欲しいなぁ~^_^;

[PR]

by elfarran_in | 2005-06-24 02:01 | 現世のこもごも