二つの事件

我輩はネコである。
名前はまだナイ・・・・・と昨夜報告するつもりが、諸般の事情で
1日遅れるうちに名前が付いてしまった。
c0056437_142445.jpg

この仔が“てん”ちゃん。キジ模様の背中に白いブリーチ↓みたいな
跡があるから・・・と言う至ってイージーなネーミング。
この仔の一生涯の問題なのにいいのか?そんな簡単に・・・・
c0056437_0455845.jpg

で、こっちが“もも”ちゃん、よく分からないが出典は、松谷みよこさんの
“ももちゃんとあかねちゃん”辺りだろうか・・・・

c0056437_165991.jpg

このお話は、黒猫のまっくろけのプー♪とかが出てくる日常描写がとても
好きだったのだが、どんどんドロ沼のように暗い話題に変化してゆくので
3冊目からは読んでいない。そのまま姉妹猫なのでももちゃんとあかねちゃんにしたら?
と言う意見が出た時に、訴えるものの重過ぎる内容から好きくナイので却下したのだった。
今回、我が家の新しい家族となった2匹のチビギャル達。
c0056437_0531290.jpg

人生ん十数年にして、初めての自分だけの猫を飼っても良い。という
許可を私から取り付けた母は、舞い上がって名前すら付ける事が出来ない
のであった。丸々1昼夜考えた程の名前とは到底思えないが、まぁ
彼女のモノなので、私の意見はあえては言うまい・・・・・・・。
二匹の豆台風は、今の所小さな女王さまである←あたりまえか(笑)

“二つ目”それは・・・・子猫に気もソゾロだった私は
英会話の授業で早くこのカワイコちゃんの写真を見せびらかしたくて
バイクで爆走!教室に向かっていた。←原付プチカール号だけどね。
で、事故った。久しぶり(ほぼ2年ぶり?)にやっちまいましたともさ。
右折中の車に直進で激突、ちょっと考えられない様なドンクサイ
出来事である。ホント、私が救急車に乗った回数は、立派に日本の
医療費の負担になってる。と思う。ドイツでも乗ったしなぁ・・・縁があるのか。
今回もヘタこいてたら“松葉杖同盟”の栄光?の3人目に
なっていたやもしれない(爆)←すいません東急渋谷講座に出てる
人にしか分からないフリでした^^;
そんなコンナで、痛いのである。体は壊れてはいない、流石はウルク・ハイ。
肋骨骨折の自然治癒に1週間も果敢に挑んだだけの事はある(笑)
いや・・その時は、それまで骨を折った経験がなかったので気が付かな
かっただけなのだが。単なる経験値の不足なのだ!←声高に叫ぶ。
折れたであろう日の翌日から息をしても痛い。最後には、縦列駐車が出来なく
なってしまったので医者に行ったらポッキリ折れていたのだ肋骨・・(笑)
ちょっと、我慢しすぎ(爆)←て、いうか恐竜並?医者も爆笑していた。
それに比べれば、今回は子供騙程度の痛み・・・・だが、
そこかしこが、イ・タ・イ・・・・・(爆)

[PR]

by elfarran_in | 2005-05-20 01:04 | 猫たち・いきものたち | Comments(0)

ちょっとウェールズ

c0056437_0255524.jpg

ヤプログで展開中の“旅とこもごも”が、・・・・何度投稿してもシステムエラーで、
はじき返されてしまう。ホントに不安定なのだ(ーー;)チェッ・・・・


写真は2003年12月20日、夜中の3時頃まで、郊外の妖しい複合施設で
“王の帰還”を観賞し、M6線上のモーターインに宿泊・・・・
イギリス部分では雨だったが、南下してグロスターに向かう途中で
ウェールズ地方を通過した時、一瞬の晴れ間・・・・
c0056437_043920.jpg

ウェールズの空は本当に美しい・・・・タイトな旅程で英国は通過してしまうのだが
何にもナイ田舎のB&Bなんかで、この空を見て本を読んで空を見て・・・と
ぼんやりした時間を持ってみたいものだと、切に思う。

今、一部の有志と、この夏にサクッと渡英の計画を立案中。
またもや今までで一番タイトな旅になりそうな予感・・・・だがしかし、
私の愛する“闇との戦い”(S・クーパー著)が、映画化されるらしい!
との情報を聞いた。ウワサではチラホラ出てはいたが、いよいよ
本格的に映画化されるらしい。嫌がおうにも気分はウェルーズへと
高まるのであった。←行くのはバーミンガムだけどね(>_<)

いつもは冬しか長期休暇がとれないので、11月からは閉鎖
されているスノードニア国立公園に、この機会に是非とも行って
足跡を辿りたいんだけど・・・・←やっぱ凄いミーハー?(笑)

[PR]

by elfarran_in | 2005-05-17 00:56 | 旅のことつれづれ

正式なイベント

怪しいモノではありません。「日本におけるドイツ年2005・2006」
というプロジェクトらしいです。しかもなにやらオーダーも出来る?
本体のミニチュアフィギュアは6000円以上と、結構高めで^^;
コレを買った人へのオマケに付いてくる!というさらに小さなフィギュア
が欲しかった、1000円位で・・・・最終日の為にカタログも売り切れ。
c0056437_12242886.jpg
c0056437_12251516.jpg

c0056437_13473066.jpg
c0056437_12273329.jpg

あぁ悔しい~カメラのバッテリーも途中で
切れてしまった。
予備は、駅のコインロッカーの中だ・・・・・馬鹿!
痛恨のチョンボであった。
マジメな催しなのだろうが、どうしても“クマ”の
後ろに、さぁどうだ?と笑う作者が見え隠れ
する作品が多くて、もっとじっくり、毎日でも
来て見たかった。関西ではやらねぇだろうなぁ~
c0056437_12313153.jpg

すでに、“クマ”と言うよりは、ブタとしか思えない(笑)この娘は【イエメン】からの
参加♪作者はアムナ・アルーナッシーリさん。c0056437_12335546.jpg
上右の緑のピースマークのTシャツは、
海賊か○ロ○リ○トみたいで、アイルランド。
作者はヌエル・オーカラゲンさん。
何となく分かるような、分からないような・・・
お国柄が、それぞれ出ている・・・?のか?(爆)
もっと詳しく知りたい方は、
ユナイテッド・バディ・ベアーズを覗いてみるべし。オーダーしちゃう?(笑)

[PR]

by elfarran_in | 2005-05-11 00:17 | 旅のことつれづれ

世界の国から・・・くまLOVE

5月の7・8日東京の渋谷東急セミナーで行われた
トールキン関連の講座に行って来た。講座の方は残念ながら
しばらくお休みで秋頃に再開との事。上京する口実も無くなる
ので、この際東京を満喫し尽くす事にした。
さて、六本木ヒルズで偶然見かけたコレ!!

c0056437_36546.jpg

そしてコレ!コレ!
c0056437_37969.jpg

もの凄いモノをエントランスの広場に展示していたのだった。
まぁ触らない方がいいだろうが、触る事も出来るし後姿を確認も
可能なのだ。白熊にボディペンティングして、それぞれの
お国を表現しょう!というドイツからやってきたイベントだった。
c0056437_3113931.jpgc0056437_3125878.jpg

[PR]

by elfarran_in | 2005-05-10 03:15 | 旅のことつれづれ

モロヘイヤ

c0056437_0253430.jpg

今夜は、久しぶりにモロヘイヤスープを作った。←安かったから^^;
あ○○る大事典で“しそ”がカラダにいいと放映した翌日から
スーパーから、大葉、エゴマの葉が姿を消した(^^ゞ こわいねぇ~TVのチカラ。
ぢつは、私も月曜日から、シソを生食しているのだ(笑)
シソの葉を毎日20枚とシソ油かぁ・・・・シソオムライスとかシソとハーブのサラダ。
今夜は、モロヘイヤスープにシソをみじん切る!という青々しくも激しい
攻防に出た。以外においしい・・・意表を突かれる。モロヘイヤのネバネバに
シソがからまり、アクセントに赤唐辛子でカプサイシンもプラスだぁ!

“モロヘイヤ・スープ”の手間のかかる簡単な作り方
・たまねぎ半分か1個
・かしわモモ適当
・モロヘイヤ1袋(多くても全然OK)
・水、適当&好みで固形スープの素
・好みでにんにく1~2欠片
☆みじん切りの玉ねぎ(新玉の季節♪甘いです)とにんにくをオイルで炒める。
オイルも好みでオリーブでもOK。
玉ねぎが透明になってきたら、一口に切った鶏肉を一緒に炒める。
適当に火が通ったら水を・・・まぁ1リットル位かな・・・入れて超弱火に。
さて、本番!洗って適当に水気を切ったモロヘイヤを茎から外して
葉を刻む。葉をみじん切りよりももっともっと刻み続ける。
長めの包丁でシーソーの様に刻み続ける。葉からネバネバが出て
ミジン切ったモノがひと塊になるまで、きざみ続ける。
このネバネバを先ほどの鍋に入れて、後は塩で味を整える。
味が頼りない方は、コンソメなどを入れると更にスープらしくなります。

【注】モロヘイヤのネバネバを怠ってはいけません。ただしフードカッター、
ミキサー、スリバチ、あらゆる便利物を試してみましたが、地道に
包丁でミジン切る以外は、青みが残ってマズイです。
・水気は完全に切らない方が早くネバります。

1杯のスープにありつくのにたっぷり1時間以上はかかるのでした。
[PR]

by elfarran_in | 2005-05-05 00:38 | 食のこもごも