カテゴリ:J.R.R.Tの世界( 3 )

報告♪

c0056437_163793.jpg森でエルフに会ったなら
アナタな~らどーうする~♪と申しておりました
アノ講座。報告遅れましたが一応盛況?に
幕を閉じることが出来ました。

いや~アッと云う間の1日でした。
家内工業みたいな手作業での色々。
それはそれで、私らの身の丈に合ってて
良かったんではないかと思います。


当日、孤軍奮闘の灰色のアノヒトも“ここは通さん!”なんて言ってませんでしたし(笑)

c0056437_1145753.jpgc0056437_1155037.jpg















ホラホラ・・・緑の小道を抜けると・・・木立の中でエルフのお出迎えがっ♡キャツ♡(笑)
c0056437_116316.jpg
まえごばんねん?なレポートは会の方のブログで報告しておりますので、どーーしても
ナニをしてたか気になる木!てヒトはご覧下さいませませ^▽^;あっはははは。


友遠方より来る
[PR]

by elfarran_in | 2008-07-05 23:16 | J.R.R.Tの世界 | Comments(2)

エルフ語って知ってる?

今度、こんなコト致します・・・てかUP遅いよね、ごめんごめん^^;
c0056437_2423027.jpg
思えば・・・・シンガポール↑行ったり・・・・・・

c0056437_2441250.jpg
クリスマス前の寒い寒い~ロンドン↑行ったり・・・・
追っかけ魂にかけて、その名を囁かれるトコロには、はせ参じたものですが。
c0056437_246663.jpg
いよいよ自分達の企画の第一歩が、地元関西でも動き始めたことは本当に喜ばしいコトです。
(あ、これは↑渋谷駅前)

指輪物語の作者で言語学者のトールキン教授が創った創造言語である『エルフ語』について。
映画で日本語吹き替えのエルフ語を監修指導をなさりご自身もエルフ語の研究者でらっしゃる
伊藤先生による、関西での1日オンリーな講座です。
初めてエルフ語を聞く方から、日ごろ日常会話と併用されている方まで奮ってご参加下さいませ。
梅田紀伊国屋、三宮・難波ジュンク堂など書店等にもチラシ置いてございます。


もしもエルフに、森の中で出会ったら…
        「エルフ語」の解説と実践

講師 : 伊藤 盡 杏林大学外国語学部准教授

日時 : 7月5日 土曜日 14時~15時半

場所 : 神戸女学院大学 理学館 S-24

      〒662-8505 兵庫県西宮市岡田山4-1
              神戸、大阪より阪急電車で15分
       西宮北口駅よりタクシー5分または、
                門戸厄神駅より徒歩10分

     資料費 500円 (要参加申し込み)定員50名
 
   申し込み締め切り 7月 3日

    どなた様でもご参加いただけますので、お気軽にどうぞ♪    

主催 英国トールキン協会 スミアル クウィヴィエーネン
共催 神戸女学院大学

問い合わせ・お申し込み  クウィヴィエーネンまでメールでどうぞ。
 *件名「エルフ語」 お名前(HNでも構いません)と参加人数をお知らせください。
       e-mail:cuivienen@infoseek.jp

駐車場はございませんので、どうぞ公共の交通機関をご利用の上、お越しくださいませ。
尚、構内は全面禁煙となっておりますので、ご協力よろしくお願い申し上げます。

c0056437_2563237.jpg

[PR]

by elfarran_in | 2008-06-19 01:48 | J.R.R.Tの世界 | Comments(14)

再び、英国へ

c0056437_0425775.jpg2003年12月ロンドン
映画LOTRの展覧会場







c0056437_048121.jpgGANDALFとFrodo&Samwiseさんと
・・・現地合流。そして欧州在住の指輪仲間3賢人(笑)
との、英国オフ会、日本ではまだ未公開だった
“王の帰還”の初日鑑賞会。
LOTRな村探索・・・・綺羅綺羅しい(笑)出来事の数々。




c0056437_112545.jpg2004年5月
シンガポールにて。
再びLOTRの展覧会へ・・・←懲りない^^;
アジアではココだけのコピーに
若干ムカつきながらも海を渡ってしまうあたり・・・
幽鬼化現象の最終段階へ。



c0056437_1151384.jpg闇ドワーフ隊隊長であったFrodo&Samwiseさんと
ボロミアの為に永遠のイノチを投げうったkanaさん
のお二人と又もや現地集合。
暑くて、都会で、でも
まったりのんびりした南国らしさ・・・
LOTR展覧会が無ければ行く事も無かっただろう
シンガポール(笑)



c0056437_1204358.jpg英国でお会いした、Lさんのサイトで紹介されていた
LOTRな村で見つけた
ルシアンの紋章のステンドグラス。
美しく彩られたその玄関ドア・・・
村の通りの名前が、指輪物語にちなんでいるのだ。
しかも“ローハン亭”とかの家の名前や
このドアからも察するとおりに
住人は、中っ国からの転居者かもしれない。
いづれこちらで、全てを紹介したい・・・・(笑)




2005年8月・・・テロの騒ぎの真っ只中
バーミンガムで開催される
Tolkien2005というイベントに参加する事になった。

自分自身と今回の同行の、旅の仲間
GANDALFと、サムが好きちゃん二人の
無事と、いかなる主義の人種であれ、どんなカタチであれ、
これ以上の犠牲が出ないこと・・・を切に祈る。
なぜ、楽しい事、うっとりする事、ウキウキワクワクする
色んな出来事やらキモチで、生きてゆく事が出来ないのかな。
生きてゆくために死ななければならないのだったら
そんな神様はいらない。

[PR]

by elfarran_in | 2005-07-24 02:45 | J.R.R.Tの世界