カテゴリ:食のこもごも( 262 )

食事とワインと。。。

c0056437_0564787.jpg
c0056437_104373.jpg

西区新町(大阪)に、こじんまりとしたフレンチのお店がある。
素材を固定仕入れしているのか、メインのメニューはほぼ魚以外は1ヶ月間
似たような感じで展開される。
な~んだ・・・とか思うのは大きな間違い。
コロコロ目先を変えなくて良い分、
シェフが落ち着いて素材に取り組んでいる・・と思う。
一番安いランチはなんと!1000円\(◎o◎)/
これで本物のフレンチのメインディシュが食べれてしまうのである!スゴイっ!
私はいつも前菜・スープ・メイン・デザート・飲み物の2500円のコースに
ワインを(大体は)1杯!!!付けて注文する。
この店のワインのチョイスが、こりゃまた
スンバラシイ☆のだ。ダラダラ・・・・・(パブロフ)
先月1週間だけ、マキコレと云われる
厳選ワイン(高いモノと言う事ではナイ)を一皿ごとに
1杯づつ付けてしまおう~!という
太っ腹なイベントが行われた。
何としても紛れ込みたい私は、小耳に挟んだ瞬間に
英会話のクラスメイトにmailを送り付けていた^^;
 いや~皆が行かなくても独りでも参加のつもりだったけどさ♪
是非ともね、美味いものは分かち合わなくっちゃね♪(ほぼ恫喝?笑)

*こだわり野菜のサラダ、エスカルゴのベニエ、ライムの香りのクリーム添え
  【ギァロン・シャルドネ・シェーヌ’01】
*マト鯛・牡蠣・白菜のプレゼ、ベルジュとエシレの発酵バターをふんだんに使ったソース
  【ラリュー・サントーヴァン1erレコンブ’01】
*イベリコ豚肩ロース肉のロティー、木の実入りベルシアード蜂蜜のガストリックソース
  【マレシャル・ブルゴーニュ・ルージュ’01】
 口直しには、こりゃまた希少なチーズとシャーベット。

本当に美味しいモノは、大阪でも中々探すのは難しい。
ましてや値段につろくするものともなると、
食い倒れの街なんてものを返上せにゃならん位の
昨今である。(嘆かわしいなぁ・・・^^;)
お店は当然、ソムリエをもおいていて(彼女はサーヴィス兼任)
シェフは更なる繊細な技を丁寧に披露してくれる
ここ は、
今のところ私のフレンチの金星なのである。
c0056437_1251778.jpg

c0056437_131757.jpg

[PR]

by elfarran_in | 2005-03-08 00:56 | 食のこもごも

マボロシ

c0056437_2356144.jpg昨年からずっと渋谷の東急セミナーで開催されている、
伊藤 盡先生の講座に通っている。何しにわざわざ東京まで?
と聞かれると、確かに身に付いてイナイので大層辛い。
お願いだからエルフ語で話してみろ、と詰めるのはよせ(苦笑)

さて付録な楽しみも、もれなく付いてくる。
費用の安い夜行バスを使う関係上、滞在時間がかなり
限られてくるのだが、その中で毎回目イッパイ楽しむ事を
身上にしている。最近のヒットは
マボロシのパティシエなのである(笑)

 
どうマボロシなのか?
以前彼の店は、神戸北野坂の異人館と呼ばれる観光地にあった。
スゴイ菓子職人が居る!という噂を聞いてはいたが、なにせ神戸である。
菓子職人なんぞゴロゴロ居るのだ。彼はどのようにタダモノでは無いのか?
400字詰めで書いて頂きたい位にその店は繁盛していた。
しかし大阪人は並ぶのがキライなのだ。
そんなケーキごときの為に20分も30分も並ぶなんてコトは、
私の人生にはありえねぇ!コトの筈だった。

c0056437_0171232.jpg
ある日いきなりその店は閉店すると言う、
仕方ないので一度位は並んでやるか・・・と妹と出かけた。
延々と並ぶコト1時間と少し・・・・・キレかける自分との戦い。
そしてやっとニッポンの越冬隊に・・・ケーキに
巡り会えたのであった。
しかし!!ふざけやがって!
選択肢は3種類しかなく(売り切れの為)
ケーキ屋故にセットメニューでも無い。
ランチを凌駕する金額のケーキと珈琲を頼んだ。
が、私はあまりにも、並び疲れ過ぎて味が全然分からないのだ。

まるで霧の彼方だった。かれこれ7年近くも昔の出来事だっただろうか・・・・^^;

あらゆる意味で蜃気楼のような記憶になっていたその店が、なんと!!
いつのまにか東京に出来ていた!という情報をGET。
手繰りに手繰って乗り込んだ訳だ、今回。

あの時、霧の港に落としてきた“味”もガップリ確認せねばならん!
鼻息も荒く襲撃したのは、銀座のはずれにある「イデ◎・ス◎ノ」・・・・・・
私はここで砂漠のオアシスに遭遇する。

・上段 全てがコーヒー味。ゼーリーからムース、スポンジ等を重ね合わせる。
・下段 右白ワインのムース・・・左スポンジの中に層になったベリー中心からもベリーソース

1回目の来店時には、一気に食べてしまい写真を撮るゆとりも無かった。
今回は、こっそり撮影。気が付けば、隣の席の男性客(一人)も携帯でサッと撮影したのを
私は見た。←パティシェか?この店で3個のケーキの泉に溺れまくっていたせいで、
講座に遅刻する事2回。本末転倒なのであった。
[PR]

by elfarran_in | 2005-03-08 00:49 | 食のこもごも