春のしつらえ

昨年もすっかりハマリましたのでございます♪京都の某店♪

その世界観の演出のスバラシさに可能なかぎり季節の移ろいを拝見してみたくて♪
半年先という、気のとおおおーくなるような予約を“待て!”の姿勢で、待ちも待ったり(笑)
さあ、いざや、←しっぽブンブン♪
c0056437_1413464.jpgc0056437_1473100.jpg


















小鉢は蕗の白和え、こんにゃくが食感変わって面白い。
最近炙ったり焙ったりに凝ってるらしいご主人の作品(笑)イイ蛸は桜の葉の燻製♪
牡蠣は時雨煮。椿を模したのはかぶらの花びらに中は干し柿、
柚子の風味で、花弁は黄身そぼろ♪
ハマグリの中にはおこわ。菜の花は炒め物で。
c0056437_1541132.jpgc0056437_1543815.jpg











椀物は定番(大スキ♪)白味噌!とち餅に炙りかぶら、新モノのせり。
焼き物は、岩魚とカンゾウを野蒜酢で。骨までアブリに!全部食べれます~旨い!

c0056437_158568.jpgc0056437_158389.jpg











まずは、この姿を撮影しといてくださいね、とは女将さんの弁(笑)すっかり撮影慣れされてます。
上の燃えカス(←コラ^^;)みたいなのは、蕪の葉を炙ったもの。パリパリ先に頂きます。
下から出てくるのは、山野草オンパレード♪なずな・オランダからし・すいば
・大原の勝手大根(笑)にオゼイュ。とこちらも定番のご主人が恋した鯉。
こんなにスルスル食べれる鯉はココのお店が初めてなんです。コリっと美味しい。
色々な葉物との調和も見事。バラバラなのがかえって面白い驚きの一皿。
c0056437_1303666.jpgc0056437_131678.jpg











左は筍~♪合わせは海藻、昨年も頂きました“かじめ”に蓮根と。
見事な味の調和は和食ならではの食材の組み合わせかも。
右は、コチラも定番のシャラン産の鴨。金時人参を添えて。あぁ鴨LOVE♪っす。
ちょっと焼きが私にはカタイんだけどね(苦笑)

c0056437_2334861.jpgc0056437_2334405.jpg














ご主人から差し入れ?!て、サーヴィス?^^;氷魚♪お酒がすすむ~♪くふふふ♪
右は・・・確か・・・山葵菜、だったかと^^;今回、メモ忘れたのでポイントだけ携帯に入力していた・・・
後は記憶の地引網作業(涙)

c0056437_23382734.jpgc0056437_2339160.jpg











じゃん♪出ました♪お座敷の醍醐味!おひつ・・・てか土鍋にご飯。お漬物や目刺で頂きます。
この目刺♪ホンマなめたらあきません。干物の焼き魚なのにしっとり柔らかいのです身が!(倒置法・笑)
そして念願のおひつお代わり♪も果たしました・・・て、どんなけ食べるんや^^;イエイエ5人がかりですから。。。

c0056437_23544632.jpgc0056437_23555854.jpg














大根の古漬け・・・と仰ってたお漬物が美味しくて♪杯もグイグイ♪お茶碗もグイグイ♪
そうだわ、私はご飯をアテにお酒が飲めるんだった・・・物凄い飲んでると思います・・・今日。

二階のお座敷から場所を一階のカウンターに移動してデザート。
コガネみかんと文旦とイチゴ←1シーズン分食べたとか言いながらマダマダ食べる^^;




c0056437_23563686.jpgc0056437_2357578.jpg











お友達の誕生日会もかねて♪の訪問でした。
お店にケーキの箱と間違えられた、箱入りのアレンジメントフラワー♪
ボリュームには欠けるけど、お持ち帰りはしやすいです(笑)
皆で一斉にカメラを構える姿がなんだか可笑しい(^<^)笑

この日、泡を持ち込みさせて頂いての乾杯に始まり、すっかり話も杯も弾みまくり♪
結局、シャンパン1本と日本酒13合を飲みまくりました・・・・あぁ恐ろしい・・・

[PR]

by elfarran_in | 2008-03-27 01:58 | 食のこもごも | Comments(0)