少し古いのと…

c0056437_921276.jpg

近代と呼ばれる辺りの建物が好き…
幸い大阪には頑張ってくださる有志が多数存在し
保存にも力をそそいでくださっている。
科学の技術がどんどん進歩すれば、素人目にはわからないほどの
アンティークな風情を醸す建材やらがデキルようになるのだろうな…
では付加される価値とは?
複製も修復も不可なもの…は時…か?
時…も人が見ていなければ存在の経過にも意味はない
使うのも残すのも価値を付加するも人のその不思議…

近代と、真ん中ずっとばして中世以前とか
廃墟も好き…←ただし石造りに限る…けど( ̄▽ ̄;)
日本ではむずかしいなぁ土地の関係で…
そうして考えると、古代から連面と
同じ場所が使い続けられる…
利便で言えば当たり前なんだろうけど
少しだけ不思議だ…
[PR]

by elfarran_in | 2016-10-03 09:21 | 現世のこもごも | Comments(0)