ワイン

なんだかウダウダ書いていたら、玄関で新聞の入る音がした。
もうすぐ夜が明けてしまう・・・また徹夜してしまった^^;あぁ中途半端。
最近書くことに疲れてきてしまい、書いてる本人が「面白くねぇ!!」
などと、思いながら書いたブログになんの価値があるのじゃ・・・・と
やくたいもナイ、堂々巡りを独り遊びのようにしてしまった。
こんな時は、書くのを止めるか、無理やり書くか・・・・(ーー;)
で、後者の選択となった訳だ。最近本当にオモロなくてごめん。
精進するから付き合って(^_^.)
c0056437_44418.jpg

先日、母の友人がニュージーランドに行ってきて、お土産にワインを
頂いた。←母が、だ。(笑)
お相伴に預かる代わりにおつまみを作った・・・と言っても
キノコととピーマンは、ニンニクとハーブとオリーブオイルでソテー。
アスパラはバターでソテー、あとは合鴨のスモークとチーズを
切っただけだけどね(苦笑)チーズは山羊(マンチャゴ)とブリーの2種。
ミモレットまでは手が回りませんでした~^^;
WAIHEKE Islandワイヘキ島のワイナリーMUDBRICK
オークランドから船でツアーが出ているらしい。ツアーに参加すると
1万円と少し参加費がかかったそうだが、個人でフェリーとかで
行くと2千円もかからないらしい。←オバチャン談(笑)
団体ツアーのオプションで参加だから、単独行動の度胸はナイが
その値段の落差は何なんだ!と憤っていたらしい。
しかも10ドルで試飲つきのワイナリー見学は、参加者の誰もが
ガブガブ試飲(←オバチャン談)したくせに誰一人ワインを買おうとしない。
母の友人2人は、申し訳ない・・・と1本づつ購入したらしい。
そのうちの赤が1本我が家にやってきたのであった。
ニュージランドのワインといえば、白のシャルドネや意外に美味かった
リースリングを思い浮かべるが、赤のカルベネ・ソーヴィニョンも
今大変に良質のものが産出されるらしい。
残念ながら、私には試す時間とワイナリーに当たる事は出来なかったが。
ワイヘキ島の赤ワインは、現地でしか流通していないものも
多いそうで、かなりワクワク♪だったのだ。
結論は、イマヒトツ深みという点では、美味くはなかった。
が、2003年モノだから軽くて、辛口で、食事中のワインとしては
申し分ない出来栄えで有ったと思う。
おおむね複雑なフランス物と違いニューワールド系は、爽やか
さっぱり飲みやすいものが多いのだ。奥行きは足らねども
十二分に観賞価値がある。そんな1本であった。
甘露♪甘露♪

[PR]

by elfarran_in | 2005-06-24 04:31 | 食のこもごも