モロヘイヤ

c0056437_0253430.jpg

今夜は、久しぶりにモロヘイヤスープを作った。←安かったから^^;
あ○○る大事典で“しそ”がカラダにいいと放映した翌日から
スーパーから、大葉、エゴマの葉が姿を消した(^^ゞ こわいねぇ~TVのチカラ。
ぢつは、私も月曜日から、シソを生食しているのだ(笑)
シソの葉を毎日20枚とシソ油かぁ・・・・シソオムライスとかシソとハーブのサラダ。
今夜は、モロヘイヤスープにシソをみじん切る!という青々しくも激しい
攻防に出た。以外においしい・・・意表を突かれる。モロヘイヤのネバネバに
シソがからまり、アクセントに赤唐辛子でカプサイシンもプラスだぁ!

“モロヘイヤ・スープ”の手間のかかる簡単な作り方
・たまねぎ半分か1個
・かしわモモ適当
・モロヘイヤ1袋(多くても全然OK)
・水、適当&好みで固形スープの素
・好みでにんにく1~2欠片
☆みじん切りの玉ねぎ(新玉の季節♪甘いです)とにんにくをオイルで炒める。
オイルも好みでオリーブでもOK。
玉ねぎが透明になってきたら、一口に切った鶏肉を一緒に炒める。
適当に火が通ったら水を・・・まぁ1リットル位かな・・・入れて超弱火に。
さて、本番!洗って適当に水気を切ったモロヘイヤを茎から外して
葉を刻む。葉をみじん切りよりももっともっと刻み続ける。
長めの包丁でシーソーの様に刻み続ける。葉からネバネバが出て
ミジン切ったモノがひと塊になるまで、きざみ続ける。
このネバネバを先ほどの鍋に入れて、後は塩で味を整える。
味が頼りない方は、コンソメなどを入れると更にスープらしくなります。

【注】モロヘイヤのネバネバを怠ってはいけません。ただしフードカッター、
ミキサー、スリバチ、あらゆる便利物を試してみましたが、地道に
包丁でミジン切る以外は、青みが残ってマズイです。
・水気は完全に切らない方が早くネバります。

1杯のスープにありつくのにたっぷり1時間以上はかかるのでした。
[PR]

by elfarran_in | 2005-05-05 00:38 | 食のこもごも