食事とワインと。。。

c0056437_0564787.jpg
c0056437_104373.jpg

西区新町(大阪)に、こじんまりとしたフレンチのお店がある。
素材を固定仕入れしているのか、メインのメニューはほぼ魚以外は1ヶ月間
似たような感じで展開される。
な~んだ・・・とか思うのは大きな間違い。
コロコロ目先を変えなくて良い分、
シェフが落ち着いて素材に取り組んでいる・・と思う。
一番安いランチはなんと!1000円\(◎o◎)/
これで本物のフレンチのメインディシュが食べれてしまうのである!スゴイっ!
私はいつも前菜・スープ・メイン・デザート・飲み物の2500円のコースに
ワインを(大体は)1杯!!!付けて注文する。
この店のワインのチョイスが、こりゃまた
スンバラシイ☆のだ。ダラダラ・・・・・(パブロフ)
先月1週間だけ、マキコレと云われる
厳選ワイン(高いモノと言う事ではナイ)を一皿ごとに
1杯づつ付けてしまおう~!という
太っ腹なイベントが行われた。
何としても紛れ込みたい私は、小耳に挟んだ瞬間に
英会話のクラスメイトにmailを送り付けていた^^;
 いや~皆が行かなくても独りでも参加のつもりだったけどさ♪
是非ともね、美味いものは分かち合わなくっちゃね♪(ほぼ恫喝?笑)

*こだわり野菜のサラダ、エスカルゴのベニエ、ライムの香りのクリーム添え
  【ギァロン・シャルドネ・シェーヌ’01】
*マト鯛・牡蠣・白菜のプレゼ、ベルジュとエシレの発酵バターをふんだんに使ったソース
  【ラリュー・サントーヴァン1erレコンブ’01】
*イベリコ豚肩ロース肉のロティー、木の実入りベルシアード蜂蜜のガストリックソース
  【マレシャル・ブルゴーニュ・ルージュ’01】
 口直しには、こりゃまた希少なチーズとシャーベット。

本当に美味しいモノは、大阪でも中々探すのは難しい。
ましてや値段につろくするものともなると、
食い倒れの街なんてものを返上せにゃならん位の
昨今である。(嘆かわしいなぁ・・・^^;)
お店は当然、ソムリエをもおいていて(彼女はサーヴィス兼任)
シェフは更なる繊細な技を丁寧に披露してくれる
ここ は、
今のところ私のフレンチの金星なのである。
c0056437_1251778.jpg

c0056437_131757.jpg

[PR]

by elfarran_in | 2005-03-08 00:56 | 食のこもごも